土地分筆登記

土地分筆登記

土地分筆登記とは・・・

土地分筆登記とは、登記記録上1筆の土地を分割して数筆の土地とする登記をいいます。
例えば・・・
・一筆の土地の一部を分割して売却したいとき、
・一筆の土地を分割して子供に贈与(相続)したいとき、
・一筆の土地の一部の地目が変わったとき、
に土地分筆登記申請をすることとなります。

 

誰がいつまでに分筆登記申請をするのか?

不動産登記法第39条より
分筆又は合筆の登記は、表題部所有者又は所有権の登記名義人以外の者は、申請することができない。
と明記されています。

 

誰が・・
登記名義人(共有の場合は共有者全員)が申請をすることとなります。

登記名義人が死亡している場合は、戸籍などを添付して相続人全員からの申請となります。

 

いつまでに・・・
原則、申請義務はないため期間の定めはありません。

したがって、登記名義人の意思によるものとなります。

 

分筆登記申請の前提として、当該土地と隣接土地との境界について、隣接地所有者の承諾、境界杭の埋設も完了し、境界線が確定していることが前提となります。
隣接土地との境界線が確定されていない場合には別途、境界確定測量が必要となります。

 

また、法務局に地積測量図が備え付けられている場合には、隣接土地との境界が確定されているものとみなされ、境界確定測量が不要となる場合もあります。
これは、比較的新しく、信用のできる地積測量図が備え付けられていることが前提となります。しかし、隣接地所有者と境界についての再度の確認・承諾は必要となります。

 

平成18年の不動産登記法の一部改正・通達により分筆登記申請の際には、分筆申請地の近傍に基本三角点等(世界測地系で設置された基準となる点)が存する場合には、それを使用して測量を行い、法務局に提出する地積測量図を作成しなければ分筆登記申請を原則、受け付けてもらえなくなりました。 
−不動産登記規則第77条より−


土地分筆登記 受託から登記完了までの流れ

土地分筆登記申請は、境界確定測量の完了が前提となります。
下記の業務の流れは、境界確定測量が完了した後の登記手続きの流れです。

1、受託 ご依頼、必要書類をお預かり、所有者の申請意思確認
2、資料調査 市役所、法務局等での資料調査
3、現地調査 現地での建物調査、測量
4、データ確認 資料・調査測量結果の精査、確認
5、現地確認 隣接地所有者に土地境界線の再度意思確認
6、打ち合わせ 申請人様と分筆案の打ち合わせ、分筆点に境界杭の埋設(分筆登記申請)
7、申請書類作成 資料調査、現地調査結果を元に申請書、図面等を作成
8、申請 建物を管轄する法務局へ登記申請
9、受領 申請から1週間程度で完了、登記完了証、還付書類の受領
10、お届け 登記完了証、登記事項証明のお届け、預かり書類の返却

全ての書類のお預かりから、お届けまで2週間程度いただいております。
お急ぎの場合、可能な限り対応させて頂いております。個別にお問い合わせ下さい。

 

また、本工程には境界確定測量は含まれておりません
境界確定測量業務からの受託となりますと全ての業務完了までに2ヶ月程度を要します。

土地分筆登記申請の費用

■境界確定測量が完了している事が前提の費用です。
1、申請地1筆300uを2筆に分筆

■土地などの状況
・申請地の面積 300u程度
・分筆杭の埋設本数 
 2〜4本程度
・隣接地 4筆程度
・境界付近の障害物なし
・附近の状況 住宅地

市役所・法務局資料調査費 16,200円〜
現地調査・点検測量費 37,800円〜
現地境界再確認立会い作業 37,800円〜
分筆境界杭埋設 37,800円〜
申請書、添付書類作成費 21,600円〜
図面作成費 10,800円〜
申請、受領手数料 5,400円〜
合計(税込み) 167,400円〜

2、申請地1筆600uを4筆に分筆

■土地などの状況
・申請地の面積 600u程度
・分筆杭の埋設本数 
 6〜8本程度
・隣接地 6筆程度
・境界付近の障害物なし
・附近の状況 住宅地

市役所・法務局資料調査費 16,200円〜
現地調査・点検測量費 37,800円〜
現地境界再確認立会い作業 37,800円〜
分筆境界杭埋設 48,600円〜
申請書、添付書類作成費 21,600円〜
図面作成費 10,800円〜
申請、受領手数料 5,400円〜
合計(税込み) 178,200円〜
境界確定測量が世界測地系座標で行われていない場合は、再度世界測地系座標での再測量が必要になり、追加費用が発生する場合がございますのでご注意ください。
上記土地分筆登記申請費用は、世界測地系座標にて境界確定測量が完了している事が前提の費用です。
上記はあくまでも報酬例です。

・上記報酬には、法務局等閲覧費用など全て含まれていますが、遠方の場合には交通費、出張費、また相続発生時の戸籍・住民票等の取得・相続関係説明図作成にかかる費用は別途発生する場合もあります。
・詳しくはメール、お電話にてお問い合わせください。
・私どもでは、分かりにくい費用についても、事例、詳細な項目を明示して分かりやすく掲載しております。どうぞ安心してお問い合わせ下さい。

土地分筆登記申請に必要な書類

申請書の表紙 みどり事務所にて作成
代理権限証書 みどり事務所にて作成、依頼者様署名押印
境界立会い確認書

境界確定測量を行った際の成果図書に綴りこみ
(原則、依頼者様がご所有)

住所証明書
(申請人住所の変更時)

依頼者様にてご用意
 個人の場合・・住民票
 法人の場合・・会社登記事項証明書

地積測量図・地形図 みどり事務所にて作成
調査報告書 みどり事務所にて作成
法務局備付地図 みどり事務所にて取得
案内図 みどり事務所にて取得
トップへ戻る