建物滅失登記

建物滅失登記

建物滅失登記とは・・・

1個の既登記建物全てが物理的に消滅した場合に、当該登記簿を閉鎖する登記を言います。

 

いつまでに滅失登記をしなければならないか?

不動産登記法第57条より・・・
建物が滅失したときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人は、その滅失の日から1月以内に、当該建物の滅失の登記を申請しなければならない。
とされています。

 

建物が物理的になくなったときは「1ヶ月以内に滅失の登記をしなさい」ということです。

 

ここで言う滅失とは、取り壊し、焼失、流失などにより、社会通念上、建物といえない状態、建物が存しない状態、効用を有しない状態となったことを言います。
具体的には、建物の柱、壁、梁、屋根等の主要構造部が失われ、残存部分では建物としての効用を果し得ない状態となることを指します。

 

また、附属建物等を取り壊した場合には、主たる建物は存しているわけですから滅失登記とはならずに建物表示変更登記となります。

 

不動産売買において更地を購入した時、現地には建物が存していないが、登記簿上建物が残っている場合が稀にあります。

このような場合は、原則登記名義人からの申請となります。その所有者が分かり、協力いただければよいのですが、当該建物名義人が分からなかったり、協力いただけない場合もあります。一度確認することをおすすめします。


建物滅失登記 受託から登記完了までの流れ

1、受託 ご依頼、必要書類をお預かり、所有者の申請意思確認
2、資料調査 市役所、法務局等での資料調査
3、現地調査 現地での建物調査、測量
4、申請書類作成 資料調査、現地調査結果を元に申請書、図面等を作成
5、申請 建物を管轄する法務局へ登記申請
6、受領 申請から1週間程度で完了、登記完了証、還付書類の受領
7、お届け 登記完了証、登記事項証明のお届け、預かり書類の返却

全ての書類のお預かりから、お届けまで10日程度いただいております。
お急ぎの場合、可能な限り対応させて頂いております。個別にお問い合わせ下さい。

建物滅失登記申請の費用

1、一般的な戸建住宅滅失の場合(1個の建物)

■建物などの状況
・建物の大きさ、種類・構造などは特殊な場合を除き関係ありません。

市役所・法務局資料調査費 16,200円〜
現地調査測量費 10,800円〜
申請書、添付書類作成費 16,200円〜
申請、受領手数料 5,400円〜
合計(税込み) 48,600円〜

2、古い戸建住宅で、書類を揃えることが困難な建物の場合(1個の建物)

■建物などの状況
・建物の大きさ、種類・構造などは特殊な場合を除き関係ありません。

市役所・法務局資料調査費 16,200円〜
現地調査測量費 10,800円〜
申請書、添付書類作成費 21,600円〜
申請、受領手数料 5,400円〜
合計(税込み) 59,400円〜
上記はあくまでも報酬例です。

・上記報酬には、法務局等閲覧費用など全て含まれていますが、遠方の場合には交通費、出張費、また相続発生時の戸籍・住民票等の取得・相続関係説明図作成にかかる費用は別途発生する場合もあります。
・詳しくはメール、お電話にてお問い合わせください。
・私どもでは、分かりにくい費用についても、事例、詳細な項目を明示して分かりやすく掲載しております。どうぞ安心してお問い合わせ下さい。

建物滅失登記申請に必要な書類

申請書の表紙 みどり事務所にて作成
代理権限証書 みどり事務所にて作成、依頼者様署名押印
取壊し証明書 解体業者様発行(実印、印鑑証明書添付)

住所証明書
(申請人住所の変更時)

依頼者様にてご用意
 個人の場合・・住民票
 法人の場合・・会社登記事項証明書

調査報告書 みどり事務所にて作成
法務局備付地図 みどり事務所にて取得
案内図 みどり事務所にて取得
トップへ戻る